リリカの効果や最安値のジェネリック通販手段

リリカの効果や通販方法を徹底解説

 

ここでは、リリカ(神経性の痛みを抑える)の効果について、さらにはジェネリックを安い価格で通販する手段などを解説します。少し長いサイトですが、ぜひご覧ください。

目次

 

リリカとは?

リリカ(成分名:プレガバリン)は神経障害性疼痛(ビリビリ、ジンジンといったうずくような痛み)に効果のある鎮痛剤です。

 

従来のロキソニンなどがあまり効果がない場合に利用されており、新しいタイプの鎮痛剤として普及してきています。

 

リリカはジェネリック通販が安い

 

リリカは日本国内では処方医薬品として流通しており、病院以外では入手できません。しかし、海外からの取り寄せ「個人輸入」という形を取れば、リリカを通販で購入することができます。個人輸入だとリリカの正規品やジェネリックが安い価格で購入可能です。

 

しかし、自分の力だけでリリカの個人輸入をやろうとすると、手続きが結構面倒です。なので、個人輸入代行業者を使うのがよいでしょう。そうすれば、ネット通販と同じイメージでリリカを手に入れることができます。

 

とはいえ、個人輸入代行業者はいろいろあるので、「この業者は大丈夫?」という不安もあると思います。なので、しっかりした業者を使ったほうがよいでしょう。代行業者を使用してリリカを買う場合の注意点は以下の2つです。

 

価格の安さ

当然のことではありますが、できるだけ安い業者を使うのを優先しましょう。

 

安全性の高さ

リリカは急速に普及している医薬品ですので、ごくまれに偽物が流通することもあるようです。きちんと品質保証・メーカー保証のついた業者を利用しましょう。

 

リリカ通販に最適な個人輸入業者はどこ?

 

リリカを扱っている個人輸入業者はあまり数が多くないのですが、その中で好条件となるのがオオサカ堂です。

 

  1. リリカの価格が安い
  2. メーカー正規保証もあり

 

↑の条件を満たしているので、安心感があり、リリカのジェネリック購入も可能となっています。

 

オオサカ堂

リリカの最安値業者は「オオサカ堂」です。大手の個人輸入業者で、20年近い歴史があるので安心感もあります。もちろんメーカー保証もついています。

 

 

 

気になる価格ですが、ジェネリック1錠あたり最安で60~65円程度(75mg)となっています。外為相場によって価格は少し変動しますが、他の業者よりも20~30%程度安いです。

 

 

セレコックスジェネリックのおすすめとしては、「Helios Pharmaceuticals」製の「プレガバル」がよいでしょう。1箱10錠、10箱(100錠)で6500円程度となります。

 

↓のリンクでユーザーレビューもあるので、一度見てみてください。
>>最安値のリリカジェネリックを見てみる<<

リリカ1錠価格 到着時間 公式ページ
約65円~(変動アリ) 最短5日 詳細

 

リリカの効果の作用機序とは?

 

リリカは神経性の痛みに効果のある鎮痛剤となります。「神経性の痛み」とは、神経が圧迫されたり、病気に神経線維が障害されたときに起こる痛みのことで、脳の「神経伝達物質」が強く関わっています。

 

 

↑は神経伝達物質のかんたんな図解ですが、カルシウム(Ca2+)が受容体を通して神経細胞に入ることにより、神経細胞が興奮状態になって、神経伝達物質が過剰に放出されることになります。神経伝達物質には痛みの原因となる物質も含まれているので、神経性の疼くような痛みが起こることになります。

 

 

そこでリリカを服用すると、有効成分のプレガバリンがカルシウムを阻害します。そのため、神経細胞の興奮状態をおさめて、神経伝達物質の量が減るため、神経性の痛みが軽減されることになります。

 

 

リリカが効果を発揮する病気や症状とは?

 

※確実な診断には、医師の診察が必須です。

 

リリカは神経性の痛みを抑える医薬品となります。どんな症状にリリカが効果を発揮するのかを見ていきましょう。

 

椎間板ヘルニア

 

椎間板とは、椎骨と椎骨が重なる部分にある軟骨のことです。椎間板があることによって、背骨を曲げたりなどの柔軟性の高い動きができるようになっています。

 

しかし、椎間板が付き出てしまって、注意の神経を圧迫している状態のことを「椎間板ヘルニア」と呼びます。常に神経に触れた状態になると、ぎっくり腰のような強い腰痛や、下半身のしびれなどが起こることになります。

 

神経性のしびれ・痛みなので、リリカを服用することで神経伝達物質を減らし、痛みやしびれを軽減することが可能です。

 

なお、リリカは椎間板ヘルニアのしびれや痛みを和らげるだけであって、症状そのものを治すことはできません。なので、ヘルニアそのものの治療は必須です。

 

  1. 手術
  2. 姿勢を治す
  3. お灸
  4. コルセット
  5. ストレッチ
  6. ブロック注射
  7. レーザー治療

 

ヘルニア治療としては、↑のいろいろな種類があります。基本的にはこれらの治療法を試してヘルニアそのものを治しつつ、その間の痛みをリリカで抑えるという形になります。

 

坐骨神経痛

 

坐骨神経痛とは、腰から足につながっている「坐骨神経」が圧迫されたり、刺激されることで起こる神経痛症状となります。若い人の場合は椎間板ヘルニア、高齢者の場合は腰部脊柱管狭窄が原因となることが多いです。

 

腰から足にかけての神経が障害を起こしているため、おしりや足、腰などのしびれ・痛みが中心に現れます。人によって痛みの現れ方はいろいろですが、足や腰が痛くなり、立っていられない、寝ていても痛いといった辛い症状が現れることが多いです。

 

ヘルニアと同じく神経の圧迫・刺激が原因なので、リリカが効果を発揮します。また、リリカは痛みが取れるものの、症状そのものの改善にはならない点も似ており、コルセットやマッサージ、注射、手術などの根本的な治療を並行して行う必要があります。

 

帯状疱疹後神経痛

 

子どものときにかかる水ぼうそうが治った後も、脊髄の近くの神経節と言うところに帯状疱疹ウィルスが残ってしまうことがあります。疲れていたり、ストレスが溜まっていたりすると、免疫力が低下し、帯状疱疹ウィルスが活性化して、神経を経由して水泡ができます。これを帯状疱疹と言い、成人の約20%が発症すると言われています。

 

  1. 一定間隔で、針で刺すような痛みが繰り返す
  2. 締め付けられたような痛み
  3. 火傷や感電したような痛み
  4. 五感(触覚など)の低下

 

そして帯状疱疹を発症した際、↑のような神経痛症状が出ることがあります。

 

帯状疱疹後神経痛については完全な治療法が確立しておらず、さまざまな治療法が試されています。例えばペインクリニックによる局所麻酔やステロイドによるブロック療法、さらにはマッサージなどによるリハビリなどが主な治療法となっています。そして、その中にリリカによる治療も入っており、広く普及しています。

 

 

リリカが効かないケースは?

※確実な診断には、医師の診察が必須です。

 

人間の体が感じる痛みには、大きく分けて↓の2種類の痛みがあります。

 

  1. 神経性の痛み
  2. 侵害受容性の痛み

 

神経性の痛みは、しびれるようなズキズキした痛みのことです。すでに解説したように、神経細胞が興奮することで神経伝達物質をたくさん放出し、痛みとして知覚されます。一方、「侵害受容性の痛み」というのは、包丁で手を切ったり、タンスに足をぶつけたり、転んでおしりを打ったときのような痛みを指します。主に、「外部からの刺激による痛み」と考えるとわかりやすいでしょう。

 

リリカは神経性の痛みには有効ですが、それ以外の「侵害受容性」の痛みには効果がありません。リリカにも副作用はあるので、効果を持たない痛みなのにリリカを服用すると、無意味に副作用だけ受けることになってしまいます。

 

リリカが効果を持たないケースについて解説しますので、確認しておきましょう。

 

打撲やねんざ、切り傷などのケガ

 

打撲やねんざなどのケガの場合、皮膚や筋肉が炎症を起こしていることで痛みが出ていることになります。神経が障害を受けているわけではないので、リリカを服用しても痛みには効果がありません。

 

ケガによる痛みに関しては、ロキソニンなどのNSAIDs(抗炎症・鎮痛剤)を使うのが一般的です。NSAIDsを服用すると、痛みの元となる成分「プロスタグランジン」の発生を抑えることができるので、患部の痛みを軽減することができます。

 

NSAIDsはいろいろ種類があり、テープや塗り薬タイプの市販薬も発売されています。また、NSAIDsには副作用として胃が荒れるなどの症状がつきものですが、胃が荒れにくいものもあったりなど、ひと口に鎮痛剤といっても千差万別です。なので、診察を受けて自分に合ったものを処方してもらうのがよいでしょう。

 

ただ、ケガによって神経にトラブルが起き、神経に関わるしびれ・痛みが出ている場合は、リリカを使用することもあります。その場合、「この痛みが神経性の痛みかどうか」というのはなかなか判断が付かないので、しっかりと診察を受けたほうがよいでしょう。

 

四十肩、五十肩、六十肩

 

四十肩、五十肩、六十肩は俗称なので、正式な病名ではありません。たんに、「その年齢になったら現れる肩の諸症状」ということになります。たいていの場合、「肩こり」や「腕があがらない」といった症状が現れた際に、一般的に四十肩、五十肩などと呼びます。

 

そして、四十肩、五十肩の原因は実はよくわかっていません。ただ、加齢による肩関節・肩の周辺の筋肉・軟部組織の炎症という説が有力です。

 

つまり、神経性のものではないので、リリカを服用してもほとんどの場合効果は全くありません。ケガの場合と同じく、リリカが痛みに対して効果を持たないばかりか、副作用のリスクだけを受け取ることになってしまうわけです。

 

マッサージや運動、生活習慣の改善で治療していくのが基本で、痛みがひどい場合のみNSAIDsなどの鎮痛剤を服用していくのがよいでしょう。

 

ぎっくり腰

 

ぎっくり腰は、腰椎がズレて起こる痛みのことです。まずい姿勢で重い荷物を持ち上げたりすると、腰椎がズレて、急な痛みが起こるわけです。慢性的に腰に負担をかけていると、疲労がたまってぎっくり腰になりやすくなります。ぎっくり腰は安静にするとじょじょに治っていきますが、10~1カ月程度は強い痛みが襲ってきます。

 

腰椎のズレが原因なのでリリカが有効そうに思えますが、実はぎっくり腰は別名「腰椎捻挫」と呼ばれることからもわかる通り、ケガの一種なのです。そのため、基本的にはリリカは効果を発揮しません。

 

ぎっくり腰は原則としては安静にするのが第一で、痛みが強い際にはNSAIDs(ロキソニンなど)の鎮痛剤を用いることになります。

 

痛風

 

痛風は尿酸値の上昇が原因です。通常、尿酸は尿と一緒に排出されますが、血液中の尿酸濃度が上昇すると、ナトリウムと結合して結晶になります。そして、結晶が関節にたまっていき、白血球が結晶に反応することで発作・炎症が起き、強い痛みが発生することになります。

 

つまり、神経の圧迫などが関わっているわけではないので、リリカは使用せず、ザイロリックなどの尿酸値を下げる医薬品を使用することになります。なお、痛みが我慢できない場合は、通常よりも多いNSAIDs(鎮痛剤)を使用して痛みを抑える場合はあります。

 

 

リリカの服用タイミングや飲み方

 

リリカには25mg、75mg、150mgの3種類があります。また、神経痛を抑える目的の医薬品ではありますが、じょじょに効き目が出てくるタイプの医薬品なので、頓服として使うことはまれです。あくまでも、痛みの改善・予防のために定期的に服用する方法を取ることが多いです。

 

ここでは、リリカの服用タイミング・用法や用量について解説します。

 

リリカの用法・用量は?

 

リリカの用法・用量について添付文書上では以下のように書いてあります。

 

通常、成人には初期用量としてプレガバリン1日150 mgを1日2回に分けて経口投与し、その後1週間以上かけて1日用量として300mgまで漸増する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日最高用量は600 mgを超えないこととし、いずれも1日2回に分けて経口投与する。

 

つまり、噛み砕いて説明すると以下の通りとなります。

 

  1. はじめは1日2回(朝夕食後)、75mgを服用し始める。
  2. その後、少しずつ用量を増やしていき、1週間後に1日300mg(150mgを1日2回)まで増やす。
  3. 1日あたりの最大服用量は600mgまで。

 

このように、リリカはだんだんと服用量を増やすため細かなサイズが必要となるのです。なので、25mgと75mgと150mgの3種類があるわけです。なお、リリカの75mgを1錠服用するのと、25mgを3錠服用するのは効果は同じとなります。

 

なお、腎機能障害などがある場合、リリカの服用量はクレアチニンクリアランス(Ccr)の数値を見ながら慎重に決める必要があります。腎臓機能に不安がある場合は、リリカを服用する前に必ず医師の診察を受けましょう。

 

リリカの服用間隔はどのくらい空ける?

 

リリカは服用してから30分~1時間程度で血中濃度が最大になり、半減期は約6時間程度となります。そのため、服用してから10~12時間程度経過すると、体内のリリカの血中濃度は低くなるため、新たに服用することになります。

 

逆に言うと、リリカを服用してから6時間以内は、まだ体内に十分な血中濃度が残存しているので、追加の服用はしないということです。なので、1日3回~4回の服用は避けましょう。もしリリカを服用しても痛みが改善しない・すぐに痛みが戻ると言う場合は別の対策が必要なので、医師に相談しましょう。