リリカの妊娠中・授乳中の影響とは?

妊娠中・授乳中の女性とリリカの関係

 

リリカの服用に関して、「妊娠中・授乳中は服用してもいいの?」という部分が気になる女性は多いでしょう。妊娠中・授乳中に服用してはいけないとされる医薬品はいろいろあるので、リリカの安全性について気になるはず。

 

ここでは、リリカの妊娠中・授乳中の注意ポイントについて解説していきます。

 

最初に見ておきたいのは、リリカの添付文書です。「添付文書」とはその医薬品の説明書のようなもので、妊娠中などの注意点についても書いてあります。

 

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。動物実験で、胎児異常(低体重、限局性浮腫の発生率上昇、骨格変異、骨化遅延等)、出生児への影響(体重低下、生存率の低下、聴覚性驚愕反応の低下、発育遅延、生殖能に対する影響等)が報告されている。]
参考ページ:リリカ添付文書

 

↑の内容を書きかえると、以下のとおりとなります。

 

妊娠中の女性のリリカ服用に関しては、リスクよりメリットが大きい場合のみOK。

 

動物実験では、胎児異常(低体重など)や出産時の赤ちゃんへの影響(体重低下や発育遅延)などがあった。

 

かんたんにまとめると、

 

痛みがひどくて耐えられない場合を除き、リリカの服用はしないほうがよい。

 

ということが書いてあります。

 

海外のリリカの評価を見てみよう

 

リリカの添付文書を見ても、「できればやめたほうがいい」ということしかわからず、具体的にどの程度のリスクがあるのかが見えてきません。

 

もう少し理解を深めるためには、海外の評価も見てみたほうがよいでしょう。アメリカのFDA(厚生労働省のような組織)には「FDA薬剤胎児危険度分類基準(FDA pregnancy categories)」という基準があり、数多くの医薬品を評価しています。

 

FDA薬剤胎児危険度分類基準

カテゴリー 危険性 妊娠中・授乳中の服用
A 危険性ゼロ OK
B 危険性が少ない だいたいOK
C 危険性があるかも 場合によってはOK
D 危険性あり やむを得ない場合以外NG
X 禁忌 絶対NG

 

↑はFDA薬剤胎児危険度分類基準のそれぞれの評価となりますが、リリカは「C」に分類されています。

 

ちなみに、「C(危険性があるかも)」や「D(危険性あり)」、「X(禁忌)」の医薬品には以下のものがあります。

 

C(危険性があるかも) イブプロフェン(鎮痛剤)、セレコックス(鎮痛剤)、デパス(抗不安薬) など
D(危険性あり) ゼストリル(高血圧治療薬)、ワイパックス(抗不安薬)、ランドセン(抗てんかん薬)、アルコール など
X(禁忌) ハルシオン(睡眠薬)、リピトール(高脂血症薬)、ワーファリン(抗凝固剤)、プロペシア(育毛薬) など

 

まずリリカと同じカテゴリ「C」の医薬品ですが、市販もされている鎮痛剤「イブプロフェン」や、日本では広く普及している抗不安薬「デパス」などが入ります。もちろん、できれば妊娠中・授乳中には服用しないほうがいいですが、症状がひどい場合には服用も許可されるものとなります。

 

そして、D~Xの医薬品ですが、副作用の強い医薬品が立ち並んでいます。成人でも副作用について注意が必要なものなので、妊娠中は余計に注意が必要ということになります。

 

「それでもやっぱりイメージがわかない」と言う人は、「アルコール」のリスクを想像してみてください。このFDA基準では、アルコールは「D」に分類されます。妊娠中の飲酒が良くないことは明らかですが、リリカのリスクはFDA基準で言えばアルコールほどではないということになります。

 

妊活中~妊娠初期のリリカ服用の注意点は?

 

「妊娠中はできるだけ服用は避ける」と言っても、「いつからいつまで?」というのがあいまいなままでは対策は取りにくいです。結論から言うと、一番注意すべきなのは「妊活中~妊娠初期」となります。

 

まず妊活中についてですが、リリカには以下の性機能に関する副作用があります。

 

勃起不全(ed)、無月経、生理不順 など

→ 副作用って?眠気やめまい、むくみなど

 

↑の副作用が出現する確率は0.3%以下なのでめったにあることではありませんが、もし出現した場合は妊活に支障が出る可能性があります。なので、妊活中のリリカ服用に関しては、まず男性も要注意ということ。そして、万が一副作用が出た場合は服用をやめて妊活に取り組むことが重要です。

 

次に妊娠初期についてです。妊娠初期(妊娠2~12週)はまだ赤ちゃんが非常に小さく、これから体を作っていく時期なので、医薬品の影響を受けやすくなっています。当然、リリカを服用していると、添付文書に書いてあったようなリスクが降りかかる可能性も高くなります。

 

なので、「妊娠中の服用は注意」というのは、「妊娠初期の服用は注意」という意味でもあるのです。

 

なお、妊娠中期~後期については、お腹の赤ちゃんもある程度成長してきて大きくなっているので、リリカ服用の影響は初期に比べて薄くなっています。もちろん全くリスクがないわけではありませんが、妊娠初期ほど慎重になる必要はないでしょう。

 

もしリリカを服用していて、「つわりで妊娠に気づいた」と言う場合、妊娠初期のほとんどはリリカ服用で過ごしてしまったことになります。とはいえ、それだけであきらめてしまう必要はありません。

 

確かにFDA基準では「C」となっており、ある程度のリスクはありますが、それでも赤ちゃんに何かが起こる可能性は低いです。それなのに、「大変なことをしたかも」と悩んでしまって、ストレスを感じてしまうほうが、お腹の赤ちゃんへの影響は大きくなってしまいます。

 

なので、あまり気にしすぎないようにしましょう。どうしても不安が消えない場合には、医師のアドバイスを受けてみてください。

 

授乳中のリリカの影響はある?

 

授乳中の婦人には、本剤投与中は授乳を避けさせること。[本剤はヒト母乳中への移行が認められている。

 

リリカの添付文書には、授乳中の女性については↑のように書いてあります。これを簡単にまとめると、以下のようになります。

 

  1. リリカの成分は、母乳を通じて赤ちゃんに移る。
  2. 授乳期間にリリカを服用している場合は、授乳は避ける。
  3. 授乳させたい場合は、リリカの服用を控える。

 

一見厳しいように見えますが、妊娠中に比べると対処は簡単です。出産後の赤ちゃんはもうママの胎内から離れているので、授乳さえしなければ、ママのリリカの影響を受けることはありません。リリカの服用を続ける場合はミルク育児にすればいいだけなので、それほど難しくはないでしょう。

 

どうしても母乳の育児にこだわりたいという場合は、リリカの服用をやめるのが無難です。服用しつつ授乳もしたいという場合は、自己判断は難しいので、医師と相談したほうがよいでしょう。理想を言うなら、リリカを服用して8時間程度経過すると血中濃度が半分以下になるので、そのタイミングでの授乳がよいでしょう。

 

ミルク育児に切り替えるとしても、「初乳」は飲ませたほうがいいです。産後2~3日の授乳は「初乳」と呼ばれ、お母さんの免疫力を赤ちゃんに渡すために重要なものになっています。なかでも「免疫グロブリンA」という免疫成分については、初乳でしか渡せないと言われています。