リリカとトラムセットの違い・併用、使い分けなど

トラムセットとリリカ

 

トラムセットは鎮痛剤の一種で、正式には「トラムセット配合錠」と呼ばれます。

 

アセトアミノフェン(カロナール) 解熱鎮痛剤。ロキソニンなどのNSAIDsには分類されない非ピリン系製剤となっている。市販の風邪薬などにも広く使用されており、比較的安全性が高い。
トラマドール塩酸塩(トラマール) オピオイド系鎮痛剤。NSAIDsでは抑えられない強い痛みを抑える際に持ちいれることが多い。

 

その名の通り、↑の2つの医薬品の合剤がトラムセット配合錠となります。ケガや炎症、さらにはヘルニアなどの神経痛などの鎮痛にも用いられることがあります。

 

一方のリリカは、トップページでも説明しているように神経細胞に作用してCa2+を阻害し、神経性の痛みを抑えることができます。

 

リリカとトラムセットの違いは?

 

すでに紹介した通り、リリカとトラムセットはそもそも「効果」が違います。

 

薬品名

効果

リリカ

神経性のしびれ・痛み

トラムセット

痛み全般

 

リリカは基本的に神経性の痛みにしか効果がありませんが、トラムセットは痛み全般(炎症や神経痛も含む)に効果があります。なので、トラムセットの方が利用用途は多くなっています。

 

一方効果そのものについては、評価が難しいです。というのも、もともと作用機序や効果が全く違うので、例えば同じヘルニアに対しても、人によってどちらがいいかは変わってくるのです。それはある意味相性と言ってもいいかもしれませんが、同じ症状でも「リリカのほうがいい」と言う人と「トラムセットの方が効果がある」と言う人は出てきます。

 

なので、ケガや炎症に対してリリカを使うことはありませんが、神経痛に関しては「使ってみないとわからない」というのが実際のところでしょう。

 

併用や使い分けについて

 

まず併用についてですが、リリカとトラムセットを併用するケースはあります。というのも、すでに解説した通り作用機序のまったく違う医薬品ですから、はじめにリリカ(もしくはトラムセット)を使用して、効かないなんてときに「では追加してみましょう」というのは十分にありえる話です。

 

ただ、併用によってリリカとトラムセットの両方の副作用リスクが出てくることになります。

 

不眠症、めまい、動悸、高血圧、下痢、便秘、吐き気、かゆみ、発疹

 

↑はリリカとトラムセットで共通している副作用の一例ですが、かなりの部分で重複していることがわかります。当然、併用するとそれだけ強い副作用が出ることになります。

 

そのため、併用よりは「使い分け」の方を選択するケースも多くあります。例えばさきにリリカを使っていて、あまり効果が出ない場合は、「リリカをやめて、トラムセットに変更」ということです。その逆もあります。

 

つまり、「作用機序が違うので併用の効果もあるが、副作用の問題があるので使い分けの方が無難」と言えるでしょう。

 

なお、どう使い分けるかについてですが、先ほど解説したようにどちらの方が効果があるかはわからないので、あとは医師の判断ということになります。炎症と神経痛を併発している場合はトラムセットから、神経痛だけが目立つ場合はリリカという形になるのが一般的でしょう。