リリカのodリスクと致死量について検討

リリカのod(大量摂取)のリスク

 

od(オーバードーズ・大量摂取のこと)というのは、決められた用量以上の服用量を摂取してしまうことです。基本的には、依存性や耐性形成がある医薬品で多くみられ、特によく聞くのが睡眠薬や抗不安薬のodとなります。だんだん効かなくなってくるので、効果を出すために服用量が増えていってしまうのです。

 

そして、リリカもodのリスクはあります。リリカは神経細胞に作用する医薬品ですが、GABA受容体にも作用するので、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬と同じような作用もあります。そのため、じょじょに依存性が増していくのは事実です。

 

ただ、睡眠薬や抗不安薬に関しては、不安からodに至ってしまうケースや、自殺企図などからくる場合も多く、精神的に不安定になってodに至る例が多いです。その点、リリカはもともと神経痛などの治療のために使われることが多く、精神疾患の治療目的ではないので、一度に何百錠も服用してしまう過度なodになることはあまりないようです。

 

とはいえ、依存性が出てきてリリカの服用量がじょじょに増えることはありますし、リリカの1日最大用量の600mgをうっかり超えてしまうケースもありえます。そんなときは、減薬・断薬の必要があるでしょう。

リリカの致死量(LD50)はどのくらい?

 

リリカの致死量については、医薬品の致死量を判断する指標「LD50(半数致死量)」で見ることができます。つまり、「これだけ服用すると、半分の確率で死亡する」ということです。

 

人間でのデータはありませんが、ラットの場合、300mg/kg(体重)がLD50となります。人間のLD50も仮にこの用量だとすると、体重50kgの人で15000mg(150mgを100錠)を越えるリリカをodしてしまうと半分の確率で死亡するリスクがあるということです。

 

実際、この量の服用がされてしまった例もあり、添付文書には

 

15gまでの過量投与例が報告されており、過量投与時にみられた主な症状は、情動障害、傾眠、錯乱状態、抑うつ、激越、落ち着きのなさである。

 

と書いてあります。錯乱状態などの症状が見られるようです。

 

大量摂取(od)してしまったときの対策は?

 

odしてしまったときの対処はおおむねどの医薬品でも一緒です。リリカも以下の対処を行うとよいでしょう。

 

まず意識が残っている場合は、横になって作用がなくなるのを待つことになります。無理に吐き出したりすると、胃酸が食道を刺激してしまうためです。

 

意識がない、あるいは呼吸が浅い場合は、すぐに救急車を呼びましょう。その先は任せることになりますが、経過時間に応じて胃洗浄・もしくは血液透析などの対策が行なわれるはずです。

 

リリカ単体だと100錠単位のodに至ることは少ないかもしれません。しかし、精神疾患を併発しており、抗不安薬を飲んでいる場合は、抗不安薬のついでに、たまたま手元にあったリリカを同時にodしてしまうケースはありえます。しかし、たくさん服用しても効果が増すわけではなく、むしろ副作用が襲い掛かることになるので、「用法・用量を守り、摂取量が増えそうなら医師に相談」という意識を持つことが大切です。